超激戦区!野毛で焼き鳥を食べるなら絶対行きたいおすすめ5店舗

数多くの飲食店が軒を連ねる野毛は焼き鳥屋の超激戦区です。仕事帰りのサラリーマンはもちろん、最近では飲み歩きが好きな観光客の方も多く訪れる街になり、連日連夜多くの人で賑わっています。

お酒のお供と言えば昔から焼き鳥は定番ですよね。野毛には非常に数多くの焼き鳥屋がありますが、この記事では野毛で焼き鳥を食べるなら絶対に1度は行って頂きたい名店を紹介していきます。

野毛で絶対に食べて欲しいおすすめ焼き鳥店を紹介

連日連夜多くの人で賑わい行列を作る名店から、知る人ぞ知る穴場まで、野毛には実に多くの焼き鳥店が店を構えています。美味しい焼き鳥を食べながらビールをキュっと頂く…それで1日の仕事の疲れを解消する、なんて人も多いでしょう。

名店から穴場まで、野毛に行ったら絶対に1度は行って頂きたいおすすめ焼き鳥店を以下で5店舗紹介させて頂きます。

野毛末広

出典元:http://blog.livedoor.jp/gourmetdiet/archives/49099161.html

焼き鳥超激戦区の野毛エリアの中で最も有名な焼き鳥店と言えば「野毛末広」で間違いありません。食べログの焼き鳥100店に選ばれた実績があり、カウンターとテーブル席の少し狭い店内は常に人で一杯で、ゴールデンタイム以外も行列になっている日もある位の人気店です。

野毛に末広ありと言われている程の名店で、来店前に必ず電話で混雑状況(何人並んでいるか)をチェックする事をオススメします。ねぎ肉、レバー、皮などなど…定番メニューは全メニューと言っても過言ではない程に美味しいです。長時間並んででも食べる価値がある野毛一番の焼き鳥店です。ここは絶対に外す事はできないでしょう。

店名 野毛末広
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-76
アクセス 桜木町から徒歩8分
日ノ出町駅から徒歩10分
電話番号 045-242-5753
営業時間 平日:17時~22時30分
土曜:16時30分~
定休日 日祝
Webサイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000551/

かっぱ

出典元:https://plaza.rakuten.co.jp/hoppynomo/diary/201810170000/

野毛の路地裏にひっそりと佇む昔ながらの赤提灯が目印の隠れた名店「かっぱ」。野毛の喧騒から少し離れた場所にあるので、少しゆっくりと静かに飲みたいという方にオススメで、リーズナブルな値段設定で隠れた名店として知る人ぞ知る行きつけのお店として有名です。

オススメメニューは「ねぎま」と「カッパ焼き」です。絶品の串焼きだけでなく、タンの味噌漬けや山いもお焼きなど、お酒のお供に最適な手作り料理が沢山あり、そのどれも安くて美味しいです。

外観だけでなく内観も年季が入っていて創業は30年。かなり年配の大将と女将さんが2人で切り盛りしている古き良き日本の焼き鳥屋という印象を受けます。ゆっくりと美味しい焼き鳥をアットホームな店内で堪能したいという方は是非。

店名 かっぱ
住所 神奈川県横浜市中区野毛町1-26
アクセス 桜木町駅から徒歩5分
日ノ出町駅から徒歩6分
電話番号 045-242-2164
営業時間 平日:17時~23時
土曜:17時~21時
定休日 日祝
Webサイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14016867/

伸喜

出典元:https://plaza.rakuten.co.jp/hoppynomo/diary/201501200000/

野毛エリアでは知る人ぞ知る名店で、上記で紹介した末広に匹敵する人気店として有名な焼き鳥店が伸喜です。看板を出していないにも関わらず、ほとんどの日で開店前から並んでいる人がいます。すんなり入れたらラッキーと言われている位、常に多くの人で賑わっている人気店なのです。

店内はカウンターのみの12席。メニューは焼き鳥とお酒のみというシンプルさで、焼き鳥のほとんどが160円という驚きの安さでコスパも抜群です。

伸喜で最もオススメしたいメニューは「とり皮」です。表面はパリッと焼いてあるのに食べるとフワっと柔らかい食感が口に広がる絶品。焼き鳥通も唸らせる逸品で、初めての食感を体感できます。運よく入店できた方は絶対にとり皮は注文してみて下さい。

店名 伸喜
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-80
アクセス 桜木町駅から徒歩5分
日ノ出町駅から徒歩6分
電話番号 045-231-2673
営業時間 17時~21時30分頃まで
定休日 日月祝
Webサイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000552/

若竹

出典元:https://dekakeru.jp/course/view/630

昭和レトロな雰囲気が漂う木造家屋の若竹は、昭和27年創業の老舗焼き鳥店です。横浜流の焼き鳥であるニンニク味噌をつけながら食べる流儀を一番最初に始めたのは若竹で、味噌・ニンニク・生姜・山椒・唐辛子を加えて熟成して加えた味噌は絶品です。

以前はカウンター席のみの小さなお店で、メニューはなく全てお任せでしたが、店内改装を経て2階にも4名テーブルが4卓置かれるようになり、お任せではなく注文制に変更になりました。

焼き鳥はほとんどが1本250円と他の店舗に比べると若干高めですが、高いだけの価値は十分にある絶品ばかりで特に「つくね」が人気です。表面はこんがりきつね色に焼かれた香ばしくカリっとした食感とフワっとした食感を同時に楽しむ事が出来る逸品であり、若竹に行ったら絶対に食べたい鉄板おすすめメニューです。

「焼きは鶏のみ他獣肉海産物焼くべからず」…鶏以外を焼くと風味が焼き台に移り焼き鳥本来の味が損なわれるとして、創業から現在まで受け継がれているモットーを忠実に守りながら作られる焼き鳥はどれも絶品です。老舗ならではの絶品焼き鳥を食べたい方は若竹がオススメです。

店名 若竹
住所 神奈川県横浜市中区野毛町1-38
アクセス 桜木町駅から徒歩7分
日ノ出駅から徒歩10分
電話番号 045-231-0880
営業時間 18時~22時
定休日 日曜日
Webサイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000548/

田舎屋

出典元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14017323/

野毛仲通り沿いにある、いかにも昔ながらの焼き鳥屋という外観が目を引く田舎屋は、野毛の中でも屈指の穴場焼き鳥屋の名店として知られています。

人気の秘密はリーズナブルな価格構成と、炭火で仕上げた丁寧な焼き鳥の味わいと風味です。特にオススメしたい串焼きは「はつ・しろ・つくね・かしら」です。柔らかくてジューシーなはつ、歯応えがしっかりとしているコリコリとした食感を楽しめるつくね等、全て100円~150円の間で提供されていますので、お財布にもとっても優しい値段設定です。

場外馬券場のすぐ近くという事もあり、土日には店内のテレビで競馬中継を流していますので、競馬ファンが集まるお店としても知られています。野毛らしいディープなお店で、安くて美味しい焼き鳥を満喫したいという方に特にオススメしたい名店です。

店名 田舎屋
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-66
アクセス 桜木町駅から徒歩5分
日ノ出町駅から徒歩5分
電話番号 045-242-8070
営業時間 17時~23時
定休日 年中無休
Webサイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14017323/

まとめ

野毛は焼き鳥激戦区で数多くの店舗が軒を連ねています。その中でも野毛に行ったら是非行って頂きたいと太鼓判を押せるオススメ店を上記で5店舗紹介させて頂きました。

誰もが知る有名店から隠れ家的な穴場まで、色々な焼き鳥店がありますが、どの店も共通しているのは野毛の雰囲気を楽しみながらお酒を飲み、美味しい焼き鳥を堪能出来るという事です。

上記おすすめ5店舗を参考に、是非行きつけの焼き鳥店を野毛で見つけてみましょう!

記事を監修した不動産会社-リブリッチ桜木町店

リブリッチ桜木町店
桜木町駅から徒歩1分に店舗を構え、賃貸仲介・賃貸管理・売買仲介などを総合的に展開する不動産会社。桜木町を中心に野毛エリアやみなとみらい、関内、横浜周辺の不動産情報を豊富取り揃え、物件情報はもちろん街の情報やお店などのグルメ、小中学校などの教育情報に強い。
自社サイトでも、地域情報やグルメ情報、子育て、教育情報などのコンテンツを掲載中。

リブリッチ桜木町店
神奈川県横浜市中区花咲町2-63-4 ノグ桜木町4階
045-231-6980
https://yokohama.live-rich.co.jp/

(Visited 7,392 times, 17 visits today)

この記事をシェアする