一人暮らしに必要な費用は最低いくら?初期費用や費用を抑えるポイントを解説

一人暮らしに必要な費用

一人暮らしを始めるにあたって、初期費用はどのぐらいの金額がかかるのでしょうか。

賃貸契約の費用、引っ越し費用、家具家電を揃える費用など、油断すると高額になってしまうこともあります。少しでも初期費用を抑えることができるよう、節約ポイントをご紹介します。

一人暮らしにかかる初期費用

一人暮らし 最低金額

一人暮らしにかかる初期費用には、どのような項目があるのでしょうか?賃貸契約や引っ越し費用、生活用品を揃えるための費用など、相場を把握しておくことで事前の予算計画も立てやすくなります。

それぞれの項目について基礎知識や内訳をご紹介します。

賃貸契約に必要な初期費用

賃貸契約にはさまざまな初期費用が必要となります。

敷金・礼金 入居時に支払う費用で、敷金は退去時にクリーニング代や修繕費用として差し引かれ、残った場合は返金されます。礼金は家主へのお礼的な意味合いとして支払います。
日割り家賃 月の途中で契約開始となった場合に、初回の家賃を月末までの日数で日割り計算して支払うものです。
共益費・管理費 マンションやアパートなどの共用施設や管理にかかる費用で、家賃とは別に支払います。
仲介手数料 不動産会社を通じて物件を紹介してもらった場合に不動産会社に支払う手数料です。
保証料 入居者が入居の保証人を立てない場合に、賃貸保証会社に支払う手数料です。
火災保険料 入居者は火災保険に加入する必要があるため、火災保険料がかかります。料金は保険会社によって異なります。
鍵交換費用 入居前に行われる鍵の交換にかかる費用です。これらの費用は入居者が負担する場合があります。

引っ越しに必要な費用

引っ越しには引っ越し業者などを利用して荷物を運ぶ費用が必要です。引っ越し費用は様々な要素によって異なります。一般的には、以下の費用が含まれます。

梱包資材 ボックス、梱包材、テープなどの購入費用。
運送費 引っ越し業者によって異なりますが、距離や荷物の量に基づいて料金が計算されます。
追加サービス費用 業者が提供する追加サービス(家具の分解組み立て、荷物の梱包・解除など)の費用。
駐車場料金 引っ越し業者がトラックを駐車するための駐車場利用料。
エレベーター使用料 階段ではなくエレベーターを使用する場合にかかる追加費用。

これらの費用は引っ越しの規模や条件によって異なるため、業者に見積もりを依頼することが重要です。

生活必需品を揃えるための費用

生活必需品を揃えるためには、家具(ベッド、ソファ、テーブルなど)、家電製品(冷蔵庫、洗濯機、テレビなど)、キッチン用品(調理器具、食器、保存容器など)、掃除用具(掃除機、モップ、ほうきなど)、寝具(マットレス、枕、布団など)の購入費用がかかります。

これらの費用は個人の好みや予算によって異なりますが、中古品やセールを利用すると費用を節約できます。段階的に必要なものを揃えることもできます。

一人暮らしを始めるには最低いくら必要?

一人暮らし 最低金額

それでは、一人暮らしを始めるには最低いくらぐらいの費用が必要になるのでしょうか?家賃を6万円と仮定し、項目ごとに相場感を見ていきましょう。

賃貸契約にかかる費用は、敷金・礼金、仲介手数料、保証料、鍵交換・クリーニング費用などで、合計4万円〜33万円ほど。引っ越し費用は4万円~8万円ほど。家具家電の購入費用が14万円〜23万円ほどです。

敷金・礼金、仲介手数料などは、物件の条件次第で無料になる場合もあれば、家賃の2ヶ月分がかかる場合もあります。できる限り初期費用を抑えたい場合は、契約前に条件をしっかり確認するようにしましょう。

内容 金額
敷金・礼金 0~12万円
仲介手数料 0~12万円
保証料 1万円~3万円
鍵交換・クリーニング費用 3万円~6万円
引っ越し費用 4万円~8万円
家具購入費用 6万円〜10万円
家電購入費用 8万円〜13万円

【物件探し編】一人暮らしの初期費用を抑えるポイント

一人暮らし 最低金額

初期費用の大部分を占めるのが、物件の契約に関わる費用です。敷金・礼金、仲介手数料などは、家賃の何ヶ月分、という単位で費用がかかるため、家賃の安い物件を探すことはとても大切です。

さらに、フリーレント付きの物件や仲介手数料が安くなるキャンペーンなど、探し方次第では初期費用を全体的に抑えることができます。初期費用を抑えるポイントを4つご紹介します。

家賃の安い物件を探す

一般的に家賃は、手取り収入の30%程度を目安にすると良いと言われています。

家賃の安い物件を探す方法はいくつかあります。まずは家賃相場が比較的安い地域を選んだり、駅から距離のある物件や築年数が古い物件を選ぶなどの工夫をしてみましょう。

不動産サイトやアプリを活用して予算内の物件を絞り込んだり、不動産仲介業者に相談して地域の情報を得たりすることもおすすめです。また、物件の条件に柔軟性を持ちながら探すことも大切です。

フリーレント付き物件を探す

フリーレント付き物件を探すこともおすすめです。フリーレントとは、家賃の1ヶ月分などが無料になる特典のことです。

まず、不動産サイトや不動産会社のウェブサイトで、フリーレントや初期費用無料のキャンペーンを実施している物件を検索してみましょう。不動産仲介業者に相談すると、最新の情報や特別なプロモーションを教えてもらえる場合もあります。

しかし、フリーレントは一時的な特典であるため、契約内容や条件を確認し、将来的な家賃負担も考慮することが重要です。

仲介手数料が安い業者やキャンペーンを行っている時期を狙う

仲介手数料が安い業者を探すには、複数の不動産仲介業者の手数料を比較して選ぶことが重要です。また、引っ越しの閑散期などは不動産業者がキャンペーンを行っていることもあります。不動産サイトや不動産会社のウェブサイト、SNSなどを活用して、業者ごとの手数料やキャンペーン情報を確認すると良いでしょう。

ただし、手数料が安いからといって必ずしもサービスや品質が良いとは限りませんので、信頼性や評判も考慮に入れて選ぶことが大切です。

初期費用の分割払いが可能な物件・仲介業者を探す

物件や仲介業者によっては、引っ越しの分割払いやクレジットカード払いが可能な場合があります。気になる物件があれば、初期費用の分割払いが可能かどうかをウェブサイトなどで確認してみましょう。また、不動産仲介業者に直接問い合わせることで、分割払いの対応が可能な業者を見つけることもできます。

ただし、分割払いには条件や手数料が発生することがありますので、契約前に詳細を確認することが重要です。

【引っ越し編】一人暮らしの初期費用を抑えるポイント

引っ越し

引っ越し費用を抑えることも、初期費用を抑えるためには大切です。特に引っ越し費用は、繁忙期とそれ以外で料金が大きく変わります。

スケジュールに余裕をもって、安い時期やキャンペーンが多い時期に引っ越しの日程を設けられるように計画しましょう。

その他にも、値段交渉をしたり自分で荷物を運ぶなど、引っ越しの初期費用を抑える4つの工夫をご紹介します。

オフシーズンや時間フリー便、平日に引っ越しをする

オフシーズンや時間フリー便、平日に引っ越しをすることで、引っ越し費用や手間を節約することができます。

オフシーズンは引っ越し需要が低い時期であり、業者の料金が通常よりも安くなる傾向があります。また、時間フリー便は業者が指定した時間帯に柔軟に引っ越しを行うことができ、通常の指定時間帯よりも料金が割安になる場合があります。

平日に引っ越しをすると、週末や祝日よりも業者の予約状況が比較的空いているため、料金が抑えられることがあります。ただし、都合やスケジュールにより限定されることもありますので、事前に業者との調整や確認を行うことが重要です。

運送業者の単身引っ越しプランもチェック

運送業者の単身引っ越しプランを活用すると、手軽かつ費用を抑えた引っ越しが可能な場合があります。

単身引っ越しプランは、個人の荷物量や需要に合わせて設計されており、専用の小型トラックやコンテナを利用することが一般的です。これにより、大型トラックやクルマを利用するよりも料金が安くなります。

運送業者のウェブサイトやパンフレットで、単身引っ越しプランの料金やサービス内容を確認してみましょう。

複数の業者に見積もりを取って値段交渉をする

複数の業者に見積もりを取り、値段交渉をすることで、より経済的な引っ越しプランを見つけることができます。

見積もりを依頼する際には、引っ越しの詳細や荷物の量・距離・日程などを正確に伝えましょう。それぞれの業者から提供された見積もりを比較し、料金やサービス内容、付帯サービスの有無などを検討します。

値段交渉を行う際には、他の業者の見積もりや条件を持ち出し、競争的な状況を作ることが効果的です。ただし、安価な見積もりを選ぶ際には業者の信頼性や評判も考慮し、契約前に十分な確認と注意が必要です。

自分で荷物を運ぶ

荷物があまり多くない場合は、自分で荷物を運ぶという選択肢を考えてみても良いでしょう。

自分で運ぶ場合は、自家用車やレンタカーを利用して荷物を運搬する方法や、友人や家族の協力を仰ぎながら手作業で運ぶ方法があります。

ただし、自分で荷物を運ぶ場合には、適切な梱包や積み込み方法を実施し、荷物の安全を確保することが大切です。重い荷物や大型家具の移動など一人で運ぶのが難しいものは、無理せず手伝ってもらうようにしましょう。また、適切な保険の確認や交通規制の遵守も重要です。

自分で荷物を運ぶ場合には手間や労力がかかりますが、予算の節約につながる方法です。

【家具・家電編】一人暮らしの初期費用を抑えるポイント

引越し費用

一人暮らしを始める際は、家具や家電も揃える必要があります。全てを新品で揃えると、費用も高額になってしまいます。

中古で購入したり、少しずつ揃えるといった工夫もできますが、その他にも家具・家電つき物件を探したり、レンタルサービスを利用するという選択肢もあります。ご自身の生活スタイルに合わせて、選んでみると良いでしょう。

家具・家電つき物件を探す

家具や家電が付いている物件を選ぶことで、引っ越し時の負担を軽減できます。

家具・家電つき物件は、通常はベッド、ソファ、テーブル、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど、生活に必要な基本的なアイテムが備えられています。

不動産サイトや不動産仲介業者のウェブサイトを利用して、家具・家電が付いている物件を絞り込んだり、希望するアイテムが備えられているかを確認することができます。

家具のデザインなどは好みもありますが、初期費用を抑える選択肢としておすすめです。

家具・家電のレンタルサービスを利用する

家具や家電のレンタルサービスを利用することで、新品で全てを揃えるよりもリーズナブルに生活をスタートさせることができます。

レンタルサービスでは、必要な家具や家電を一定期間利用することができます。不動産サイトや家具レンタル会社のウェブサイトを活用して、自分のニーズに合ったアイテムを選びます。レンタル期間や料金、サービス内容などを確認し、契約を行いましょう。

レンタルサービスの利点は、手続きが簡単であり、移動や処分の手間を省くことができる点です。また、一時的な滞在先や短期間の契約にも適しています。

【まとめ】引っ越しの初期費用だけでなくその後の生活費も計算しておこう

一人暮らしの引っ越し費用や初期費用は、色々な項目がありますが、工夫次第で抑えることができます。

もちろん初期費用の節約は大切ですが、その後の生活費の見通しを立てておくことも忘れてはいけません。

家賃、光熱費、食費、通信費、交通費など、新しい生活に必要な費用を見積もり、収入や予算とのバランスを考えましょう。また、予期せぬ出費や貯金の必要性にも注意し、念のための緊急時の備えも忘れずに。

総合的に計画を立て、財務的な安定を確保することで、新しい生活をスムーズにスタートさせましょう!

Homeeeマガジン編集部

Homeeeマガジン編集部
Homeeeマガジンは、不動産・住まい・暮らしに関するニュースやコラムなどの情報を配信するサイトです。日頃から不動産従事者さんと様々な関わりがあるメンバーが、正確でわかりやすい記事にしてご紹介いたします。
(Visited 48 times, 2 visits today)

この記事をシェアする